PAGE TOP

フィリピンでの採用は今回が初

住友ゴム工業、フィリピンの歴史的建造物に制振ダンパーが採用

工業用品 2020-03-18

 住友ゴム工業は3月18日、同社の超高減衰テクノロジー「GRAST(グラスト)」を搭載した制振ダンパーが、フィリピン・マニラ市にあるチャイナバンク旧本社に採用されたと発表した。

制振ダンパーが採用されたチャイナバンク旧本社


 チャイナバンク旧本社は1924年に建造された歴史的建造物で、フィリピンでの同社製制振ダンパーの採用は今回が初めて。

 フィリピン諸島周辺には多くのプレートがあることから、火山や地震活動が活発な地域で、フィリピンは地震リスクが高い国のひとつ。

 2001年に建築基準が強化され、政府により古い学校や病院などの施設の耐震改修が促されており、今回の制振ダンパー採用もこの流れのひとつとなっている。

 ■超高減衰テクノロジー「GRAST」=高減衰ゴムの瞬時に熱エネルギーに変換する性能を利用することで、構造物が受ける風揺れのような微小な揺れから大地震まで、さまざまな揺れを吸収、コントロールする技術。ビルや橋などにこの技術が採用されている。

GRASTの技術を搭載した制振ダンパー(単位:ミリ)


 ■チャイナバンク旧本社=築96年の7階建ての建物。チャイナバンク旧本社があるマニラ市・ビノンドは1594年につくられた世界最古のチャイナタウンと言われている。歴史的建造物が多く残っており、チャイナバンク旧本社もそのひとつ。第二次世界大戦後に修復ができなかった古い建築物の修復を行う「Binondo Heritage Restoration Project」の取り組みの一つとして、現在の安全基準に適合するよう改修工事が行われている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界