PAGE TOP

測定装置を来場者に訴求

バンドー化学が福祉機器展に初出展

工業用品 2016-10-18

各種の測定装置を展示・紹介した

各種の測定装置を展示・紹介した


医療分野で新規需要開拓を進めているバンドー化学が、10月12―14日に東京ビッグサイトで開催された「国際福祉機器展」に初出展した。

 今回出品したのは、各種測定機器への応用を進めている「伸縮性ひずみセンサ C―STRETCH」。同製品は伸縮性に優れ、非常に柔らかいため、測定対象物の動きを妨げることなく低負荷で変化を計測することが可能。

 この特徴を活かし、医療・福祉の現場で利用が期待されるアプリケーションを神戸大学と共同開発し、今回は「嚥下測定装置」「呼吸測定装置」「コミュニケーションスイッチ」等を参考出品した。

 「嚥下測定装置」は、喉の周囲に装着して、喉の動きを計測することで、飲食物がちゃんと嚥下されているかを測定することができる。医療現場での嚥下の確認は、従来、医師が視診や触診で判断していた。しかし嚥下測定装置を使用すれば、嚥下の状況が数値化されるため、医師でなくとも嚥下状況を確認することができる。

 「呼吸測定装置」は、胸郭の拡張により呼吸数を測定する。C-STRETCHは柔軟なため、胸部に圧迫感や拘束感を与えることなく使用できる。

 今回の展示会では、同社ブースにも多くの来場者が訪れ、初出展ながら活況だったという。来場者から最も注目されたのが嚥下測定装置で、「早く商品化して欲しい」との要望もあったそうだ。

 同社によると、これらの測定装置の商品化は、まだ先のことになるが、製品化後は医療機関だけでなく、在宅介護を行う世帯も対象に販売拡大していきたいとしている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界