PAGE TOP

半導体関連好調で供給製品にタイト感

【インタビュー】ニシヤマ西山正晃社長

会員限定 商社 2020-11-03

 「新型コロナウイルスの事など誰も予想がつかなかった事態で、東日本大震災の時もそうだったが、“想定外”という言葉は対応ができなかった時に使う言い訳。基本的には、毎日毎日“想定外”の事しか起きないと思っている」。新型コロナ予防対策では4月からテレワークや部署ごとをA、Bの完全2班に分けたシフト制を実施し企業活動の持続性を重視したニシヤマの西山正晃社長は、「やれることはタイムリーに粛々とやっていく」と語る。

ニューノーマルにしたコロナ対策

 新型コロナ予防対策としては、4月に入ってからテレワーク(在宅ワーク)を導入、パソコンも新たに調達した。ほぼ同時期に出社形態も事業グループ単位でA、Bと2つに分けるシフト制とし、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた