PAGE TOP

役員改選は全員留任へ

北海道ゴム商組、通常総会を開く

商社 2019-05-28

 北海道工業用ゴム製品卸商業組合(田中伸二理事長=神原商事相談役)は、5月21日午後4時30分から札幌市内の札幌ビューホテル大通公園で令和元年度通常総会を開催した。総会には正会員10社(出席7社、委任状3社)が出席。総会は安田興輝事務局長の司会で進められた。

あいさつする田中理事長


 冒頭、田中理事長は「この5月に元号が平成から令和へとかわり節目の年となった。10月には消費税率も8%から10%になる予定だ。4月には、新しい知事に与党系の前夕張市長だった鈴木直道氏が当選するなど、北海道の経済にプラスになることを期待したい。2018年9月の北海道胆振東部地震の復興も進み、観光客も戻ってきている。観光消費の回復に加え、個人投資をはじめ設備投資など緩やかな改善傾向が続くと考えたい。これらを背景に、当組合としても会員企業で情報交換や親睦をはかり、さらに商工一体となって業界の成長につなげたい」と述べ、開会のあいさつに代えた。

 引き続き田中理事長が議長に選出され、平成30年度事業報告・同決算報告、令和元年度事業計画・同予算案および同年度賦課金徴収について審議、いずれも満場一致で承認された。また、任期満了による役員の改選では田中理事長をはじめ今城敬典副理事長(三ツ星ベルト販賣東日本支社関東支店札幌営業所所長)など全員が留任となった。

 総会終了後、来賓祝辞に代えて北海道中小企業団体中央会連携支援部の牧村大造課長から、「ものづくり補助金」公募について説明があった。この補助金は、中小企業・小規模事業者等が連携して取り組む生産性向上や地域経済への波及効果拡大に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行うための設備投資を支援するもの。「同業他社など複数の中小企業者などが連携して受けることができる特徴ある補助金で、活用を検討してほしい」と促した。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界