PAGE TOP

2021年着工、2023年生産開始予定

ミシュラン、初のタイヤリサイクルプラント建設へ

タイヤ 2021-02-19

 ミシュランは、スウェーデンのEnviro社(=エンバイロ)との合弁事業として、同社初のタイヤリサイクルプラントを南米チリのアントファガスタ地域に建設する。プラントは2021年に建設着工、2023年に生産開始予定で、投資額は3,000万ドル以上を見込む。

再生イメージ図


 エンバイロは、使用済みタイヤからカーボンブラック、熱分解油、ガス、スチールを回収する特許技術を有しており、このプラントで年間3万トンの大型土工機械(ブルドーザー、パワーショベルなど)用タイヤをリサイクルできる見込みとなっている。これは、チリで毎年廃棄される同タイヤの約60%に相当する。

 プラントでは、使用済みタイヤを直接顧客の敷地から回収、運搬・切断し、リサイクルする。回収された材料の90%は、タイヤ、コンベヤベルト、防振製品などさまざまなゴム製品に再生し、残りの10%はプラントが自社の熱や電力として再利用する予定となっている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた