PAGE TOP

将来的にタイヤ生産などに活用へ

ブリヂストン、北九州工場の隣接地を取得予定

タイヤ 2019-05-20

 ブリヂストンは北九州工場に隣接する土地取得のため、3月29日に北九州市と「市有財産売買仮契約」を締結した。仮契約は6月予定の北九州市議会で可決された後に本契約として成立する。

 同社では北九州工場で建設・鉱山車両用ラジアルタイヤを生産している。今回の仮契約は、重要な生産拠点のひとつである北九州工場の隣接地を将来的にタイヤ生産などに活用することを見込み実施したもの。具体的な活用計画については中長期的な視点から検討中としている。

【所得予定地概要】
 所在地=福岡県北九州市若松区響町一丁目122番1、同区響町二丁目2番1◇面積=約14万平米◇価格=約24億円

【北九州工場概要】
 所在地=福岡県北九州市若松区響町二丁目2番2号◇工場長=岩﨑孝二◇操業開始=2009年6月◇従業員数=495人(18年12月31日時点)◇敷地面積=22万6,805平米◇生産品目=建設・鉱山車両用ラジアルタイヤ◇生産量=約165トン/日(19年1月1日時点)

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界