PAGE TOP

18年1月12日-14日まで

住友ゴム工業 、TOKYO AUTO SALON 2018」に出展

タイヤ 2017-12-22

 住友ゴム工業は、18年1月12日から14日まで、千葉県の幕張メッセで開催される「TOKYO AUTO SALON 2018」にDUNLOPブースとFALKENブースを出展する。


 DUNLOPは2018年に、創業者J.B.DUNLOPが空気入りタイヤを発明してから130周年を迎える。ブースでは「絆は信頼の証」をコンセプトに、DUNLOPの歴史と、現在の高い技術力を表現した展示を行う。

 さらにステージイベントでは、「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 6」のGT5000クラスで優勝を果たした「NAKAJIMA RACING」をはじめとしたDUNLOPドライバーによるトークショーを実施する。ブース位置は中ホール4。


 一方FALKENでは、「Avant-garde~常識を破れ~」をブースコンセプトにした展示を行う。モータースポーツへの参戦のみならず、エアレースや欧州サッカーリーグへの協賛活動など新たな挑戦に取り組み、「Avant-garde」な活動を続ける同ブランドイメージを表現する。

 2017年の「ニュルブルクリンク24時間レース」参戦車両のFALKEN Motorsports「BMW M6 GT3」や、室屋義秀選手の機体模型などを展示し、FALKENの若々しく躍動感があるブランドイメージと高性能な最新タイヤラインアップを訴求する。また、1月13日には室屋選手のトークショーが予定されている。ブース位置は西ホール1。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界