PAGE TOP

コラム「Front Line」

カーボンニュートラルに向けビジョンを策定

会員限定 連載 2022-01-31

 カーボンニュートラルに向けたビジョンを、日本ゴム工業会が掲げた。1月6日、「日本ゴム工業会の地球温暖化対策長期ビジョン(2050年カーボンニュートラルへの取組)」を新たに策定。省エネルギー、エネルギー転換、回収・オフセットなどの対策を進め、生産段階のCO2排出量を2050年までに実質ゼロにすることを目指している。

 2015年に採択されたパリ協定や2020年に菅総理大臣(当時)が宣言した2050年カーボンニュートラル宣言など、国内外で脱炭素への要求が高まっている中、それらを踏まえたもので、そのマイルストーンとして、2030年度のCO2排出量を2013年度比で46%削減する新たな目標も設定した。

 CO2排出量削減に向けては、タイヤメーカーの進捗がポイントの一つになる。日本ゴム工業会がまとめた2020年度の国内での企業活動におけるCO2排出量は137.1万トン。新ゴム消費量の約8割を占めるタイヤが、割合として高い。

 当のタイヤメーカーは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた