PAGE TOP

4月1日納入分から10~30%

十川ゴム、シートやホース値上げの意向

工業用品 2022-01-31

 十川ゴムはこのほど、製品価格を改定する意向を発表した。2021年7月の実施から2度目になる。対象となるのは、ゴムシート、ゴム・樹脂ホースを含めた前回未改定製品および前回実施から大幅に原材料価格の変動などがあった製品。改定幅は10~30%ほどで4月1日納入分から実施する予定。改定品目など詳細は近日中に正式発表する。

十川ゴムのゴムシート



 同社では「原材料価格は右肩上がりに上昇しており、特にゴムシートのように原材料費ウエイトの高い製品では上昇分を社内で吸収することは極めて困難になっている。昨年の改定以降も、フッ素ゴムやシリコーンゴム、EPT、塩ビ製品などの製品で大幅な原材料価格の上昇が進んでいる。また、生産中止となっている原材料グレードも多々発生しており、これらの代替品検討も価格アップの要因となっている。このような状況の中、メーカーとして安定した製品提供を最優先に考え、価格の再改定をお願いすることにした」としている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた