PAGE TOP

成形性・触感向上で自動車内装部材に採用

三菱ケミカル、「テファブロック」の新グレード開発

原材料 2017-08-10

 三菱ケミカルは8月10日、熱可塑性エラストマー「テファブロック」のスチレン系QEシリーズから、成形性・触感を向上させた新グレードを開発、自動車の内装表皮材やアシストグリップなどの内装部材に新たに採用されたと発表した。

 新グレードは、近年高まっている自動車内装部材に対する高度な意匠性や良好な触感に対するニーズに応えるべく開発したもの。テファブロックQEシリーズが持つ柔軟性や耐摩耗性はそのままに、流動性を2倍以上に向上。それにより、複雑な形状や大型成形品であっても優れた意匠性を発揮できる高い成形性と、ドライ感に優れ、革や合成皮革のような触感を実現した。

 同社では今後も従来品での対応が難しかった自動車内装部材への用途が拡大していくと見ており、多様なニーズに応じるべく、熱可塑性エラストマーのラインアップ拡充に努めていく方針。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界