PAGE TOP

北海道大学ICReDDに

三井化学、「三井化学-ICReDD化学反応設計イノベーション部門」を設置

原材料 2022-11-24

 三井化学と北海道大学は、計算科学、情報科学、実験科学の融合によって革新的な化学反応を設計し、高機能材料の開発や循環型社会の実現に資する新規反応設計を共同で行う、産業創出部門を設置することに基本合意した。

 2023年4月に北海道大学創成研究機構化学反応創成研究拠点(ICReDD=アイクレッド)内で、「三井化学-ICReDD化学反応設計イノベーション部門」(三井化学-ICReDD ラボ」)が活動を開始する予定。

 三井化学-ICReDDラボでは、ICReDDの特徴である、計算科学、情報科学、実験科学の3分野を融合させた化学反応創成学と、三井化学が保有する材料開発に関する知見をベースに、高性能な材料の開発や循環型社会の実現に資する新規反応の設計を高速かつ高確度で実現すべく共同研究を実施する。また、計算科学や情報科学に関する新規技術の研究開発を行うことで、化学反応創成学のさらなる高度化も目指す。

 北海道大学と三井化学は、高機能材料や新規反応の化学反応創成学に基づいた開発を通して広く社会に貢献すべく取り組みを推進していく。

 ■三井化学-ICReDDラボの概要
 ◇正式名称=「三井化学-ICReDD化学反応設計イノベーション部門」◇連携内容=三井化学-ICReDDラボの設置、共同運営◇目的=複雑系化学反応を対象としたコンピューティング反応経路設計技術の革新◇期間=2023年4月1日から2028年3月31日◇所在地=北海道大学創成研究機構化学反応創成研究拠点(北海道札幌市)内◇研究領域=①高機能材料の開発②循環型社会の実現に資する新規反応の設計③計算科学、情報科学の新規技術開発

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた