PAGE TOP

日本 IBM が支援

三井化学、生産技術系DX人材育成プログラムを始動

原材料 2022-10-24

 三井化学と日本アイ・ビー・エムは、生産技術系人材のデータサイエンティスト育成プログラムを構築し、今年度から三井化学の社内研修を本格的に開始した。

 三井化学は、同研修を通じて2025年度末までに化学プラントの複雑な現象に対するデータ解析やプラントの状態を予測するモデル構築などができる生産技術系データサイエンティストを国内主要5 工場すべてに配置する計画。

 三井化学は、社内での継続的なDX人材育成を推進し、長期経営計画「VISION2030」の基本戦略の1つ「DX を通じた企業変革」を進めている。また、日本アイ・ビー・エムは引き続き、三井化学のデータ解析のサポートやデータ解析以外のデジタル技術の取得支援などにも取り組んでいく。

 同プログラムの構成は、基礎・応用・データサイエンティスト育成の大きく3段階とし、知識やスキルの保有を評価するだけでなく、「できることベース」でさらにレベルを 6段階で定義し、ビジネスの貢献度合いも合わせて評価する。さらに同プログラムの研修・認定は、アルゴリズム、統計・分析、データ倫理、プロジェクトマネジメントなどをOJTとOFF-JTを組み合わせて実施する。

 なお、レベル1のデータアナリスト基礎教育は生産技術系エンジニア全員(約 250 人)を受講対象とし、すでに120人の教育を完了している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた