PAGE TOP

3月15日出荷分から、ナフサやブタジエンなどの高騰に対応

旭化成、合成ゴムや熱可塑性エラストマーなどを値上げ

原材料 2017-02-27

 旭化成は2月27日、合成ゴムおよび熱可塑性エラストマーなどの価格を3月15日出荷分から値上げすると発表した。

 対象製品と値上げ幅(キログラム当たり)は次の通り。

 BR=110円以上、SBR(油展)=65円以上、SBR(非油展)=80円以上、スチレン系特殊透明樹脂=45円以上、スチレン系熱可塑性エラストマー=80円以上、水添スチレン系熱可塑性エラストマー=80円以上

 今回の値上げについて同社では、「ナフサやブタジエン、スチレンモノマーなどの市況が上昇を続けているため、対象製品の製造コストは自助努力の範囲を超えて大幅に増加している。製品の安定供給維持のためには価格改定を実施せざるを得ないと判断した」としている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界