PAGE TOP

大阪・関西万博開催に向け

住友理工、駅ホーム用転落防止ゴムが「夢洲」駅に採用

工業用品 2023-12-19

 住友理工の駅ホーム用転落防止ゴムが、大阪・関西万博開催に向け、Osaka Metro中央線の延伸として整備が進められている北港テクノポート線「夢洲駅」への採用が決定した。

駅ホーム用転落防止ゴム


駅ホーム用転落防止ゴム設置例(黒色箇所・東京メトロ提供)


 駅ホーム用転落防止ゴムは、乗客が鉄道車両への乗り降りの際に、車両とホームの隙間から誤って線路内へ転落することを防ぐ目的で設置される製品。同製品を設置することで、駅ホームと停車中の鉄道車両との隙間を小さくし、乗客が安全に電車の乗り降りすることができる。また、上に人や車椅子が乗った際にも、しっかりと支持する。同製品と鉄道車両が万が一接触した際には、車両や乗客への影響を軽減する柔らかさを兼ね備えている。

 施工においては、それぞれのホームに合わせて隙間寸法の調整が可能で、設置や取り換え時の負担を削減することができる。

 同製品は、同社の高分子材料技術と総合評価技術をもとに、東京地下鉄:東京メトロと2010年に共同開発した製品であり、同社や他鉄道会社に採用され、全国で127 駅(12月時点)に設置されている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた