PAGE TOP

従来の3分の1のサイズにコンパクト化

豊田合成、小型のUV-C LED水浄化ユニットを開発

工業用品 2023-02-16

 豊田合成は、限られたスペースでも設置可能な小型の UV-C(深紫外線)LED 水浄化ユニットを開発した。

 同社は、ウイルスや細菌の除去に有効なUV-C LED を用いて水や空気などを除菌する各種製品の開発を進めている。水浄化ユニットにおいては、2020年11月から水循環型のポータブル手洗いスタンド「WOSH」に搭載・販売されている。

 今回、LEDが発する熱の冷却にユニット内部を流れる水を利用することで放熱用の部品を削減し、従来の3分の1のサイズにコンパクト化。同製品は大手家電メーカーに採用され、昨今の衛生意識の高まりなどを背景に開発されたエコキュートに搭載されている。浴槽と風呂配管を循環する湯水に深紫外線を照射、浴槽内での菌の数を減らし、より安心で快適な入浴を実現する。

 今後も、ユーザーが求める用途や性能に応じて、効率的に除菌ができる水浄化ユニットのラインアップ拡充を図っていく。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた