PAGE TOP

2013年度比38%削減、従来より高い目標に

バンドー化学、2030年のCO2削減目標設定

工業用品 2022-05-17

 バンドー化学は、2050年までに同社グループのCO2排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラル実現に向け、2030年までに燃料使用および電力に由来するCO2排出量を2013年度比38%削減する目標(同社単体、スコープ1、2)を設定した。2020年度に、2019年に策定した「CO2排出量を2030年度までに2013年度比18%削減する」という「2030年度目標」の達成に向けたロードマップを策定したが、「2050年カーボンニュートラル宣言」に基づく、より高い目標水準が日本政府から公表されたことを踏まえ、より高い目標を設定した。

 達成に向け、新製法への転換や太陽光発電の積極的な導入、変圧器等のトップランナー機器への更新、工場のさらなる暑熱対策等に取り組む。同社はこれまで、CO2排出削減に向け、事業拠点における燃料転換やLED照明、高効率ボイラーの導入など高効率設備への更新に取り組むとともに、物流でもモーダルシフトや共同配送、ミルクラン等を取り入れている。それらに加え、ESCO事業や二国間クレジットなど新たな手法も積極的に導入。これら一連の取り組みにより、2020年度のCO2排出量(スコープ1、2)は1990年度比30%削減となり、「CO2排出量を2020年度までに1990年度比20%削減する」という「2020年度目標」を達成している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた