PAGE TOP

一層の柔軟性を追求し開発

八興、スーパー柔軟フッ素チューブ(ウルトラソフト)を新発売

工業用品 2021-01-26

 八興(東京都板橋区、阿部忠弘社長)は、好評を博しているスーパー柔軟フッ素チューブの新製品「スーパー柔軟フッ素チューブ(ウルトラソフト)/E-SJUS」を開発し、1月5日から発売を開始した。

柔軟性を追求した新製品のウルトラソフト


 同製品は、より一層柔らかいフッ素チューブを求める国内外からのユーザーニーズに対応し、柔軟性の追求に焦点を当て約2年の期間を経て開発された。

 八興では同製品を「スーパー柔軟フッ素チューブ/E-SJ」の改良版と位置づけ、スーパー柔軟フッ素チューブシリーズの新たな柱として、積極的に拡販を図っている。

 スーパー柔軟フッ素チューブ(ウルトラソフト)/E-SJUSは、サイズレンジとして内径4ミリ×外径6ミリの「E-SJUS-4×6」、同6ミリ×同8ミリの「E-SJUS-6×8」に加えて、インチサイズの同3.18ミリ×6.35ミリの「E-SJUS-8分の1インチ×4分の1インチ」および同6.35ミリ×同9.53ミリの「E-SJUS-4分の1インチ×8分の3インチ」を揃えており、欧米主体に海外市場での積極的展開も視野に入れている。

 スーパー柔軟フッ素チューブ(ウルトラソフト)は、外層には柔軟性に優れるソフトポリウレタンを、中間層にはポリアミドエラストマーを、内層には耐薬品性に優れる4フッ化系フッ素樹脂(ETFE系)を採用した積層構造で、同社従来品のスーパー柔軟フッ素チューブ(E-SJ)に比較して一層柔軟性に優れている。

 なお、柔軟性に関しては、チューブをU字に曲げた際に発生する応力を測定する「曲げ弾性測定」において、従来の「E-SJ4×6」の3.5(N/50ミリ)に比較し新製品の「E-SJUS-4×6」は0.8(同)と4分1の数値となっている。さらにチューブにおいては柔軟性を追求すると外面がベタつく「タック性」が発生してしまうケースが多いが、同製品は素材段階から見直し開発を推進した結果、タック性がほとんど無くなっている。このため作業性が大幅に向上するほか、汚れなどが外面に付着しにくい。さらに市販のフッ素単層チューブと比べ折れにくく、折れてもある程度の復元性も有している。

 また内層に採用した4フッ化系フッ素樹脂(ETFE系)により、大半の薬品に耐性を有しているほか、撥水性や非粘着性に優れており、流体の液残りが少なく洗浄性に優れ、清潔性を保つことができる。この内層素材は優れた耐摩耗性を有しており、スラリー状の化学薬品にも耐えることができる。

 これらに加えて同内層材は、溶出物質がほとんど無いため、食品や飲料、化粧品、さらに高純度の薬液などの配管用途に最適となっている。

 さらにスーパー柔軟フッ素チューブ(ウルトラソフト)は、チューブ表面に1メートル間隔で長さが印字されており、所定の長さに簡単にカットが可能なほか、透明性に優れているのでチューブ内部の状態や洗浄具合などの確認が容易にできる。

 なお、同製品は2019年7月22日発効の改正RoHS指令に規定されている10物質群を含有していない非塩ビのグリーン調達製品となっている。

スーパーフッ素チューブ・ブラック(ウルトラソフト)も発売

 八興では、「スーパー柔軟フッ素チューブ・ブラック(ウルトラソフト)/E-SJUS-BK」も開発し、同時に発売を開始した。

 スーパー柔軟フッ素チューブ・ブラック(ウルトラソフト)/E-SJUS-BKは、UVインクや塗料の搬送が可能なより一層柔らかいフッ素チューブを求めるニーズに対応し開発した製品で、スーパー柔軟フッ素チューブ(ウルトラソフト)と仕様・サイズなどは同様の優れた製品。これに加えて、外層には紫外線を遮断するUVカット仕様のブラックとしているのが最大の特徴となっている。これによりUV塗料やUV硬化型接着剤、UVインクなどの搬送に最適となっている。

 問い合わせは八興(東京都板橋区板橋1-42-18 ユニティフォーラム5階 電話03・3963・5381まで。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた