PAGE TOP

2021年3月期第2四半期業績

不二ラテックス、国内向けコンドームは売り上げを堅持

工業用品 2020-11-10

 不二ラテックスの2021年3月期第2四半期(4~9月)業績は、売上高が32億1,200万円で前年同期比14.1%減、営業利益が2,100万円で同47.8%減、経常利益が700万円で同87.5%減、純利益が800万円で同81.8%減だった。

 セグメント別にみると、医療機器事業は売上高が10億7,300万円で同5.6%減、営業損失が1億700万円(前年同期は8,600万円の損失)。主力のコンドームは、国内市場は新素材コンドーム「SKYN」の定番化、ネット販売の伸長で売り上げを堅持。海外市場は特に中国市場における需要後退を受けて販売が減少した。

 超音波診断装置などのプローブカバー(感染予防製品)、内視鏡用医療バルーンを中心としたメディカル製品は、新型コロナウイルスによる一般診療需要減少への影響が想定以上に拡大したことや欧州向け輸出の一時停止などが影響した。

 利益は減収に加え、競争激化に伴う利鞘の縮小、栃木千塚工場の竣工に伴う償却負担増加などにより減益となった。

 精密機器事業は売上高が19億円で同18.0%減、営業利益が3億1,100万円で同14.2%減。主力のショックアブソーバおよびロータリーダンパーは、国内市場では一部の住宅設備市場では比較的堅調な受注が続いたが、家電、複合機、一般産業機械、建機市場などの受注は停滞。海外市場では主に欧州市場での需要低迷により販売計画を下回った。

 SP事業は売上高が1億1,500万円で同40.9%減、営業損失が1,900万円(同100万円の損失)。主力のゴム風船が主体となる販促用品市場は、新型コロナによるイベントの中止や取引先の休業などの影響が想定以上に拡大した。

 食品容器事業は売上高が1億2,200万円で同38.7%増、営業利益が5,200万円で同254.4%増。食品容器などの商材受注が順調に推移した。

 2021年3月期通期業績予想は、売上高68億円で前期比5.7%減、営業利益1億5,700万円で同338.9%増、経常利益8,800万円で同159.4%増、純利益6,100万円を見込んでいる。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた