PAGE TOP

20年3月期第2四半期業績

バンドー化学、中国・アジアなど海外を中心に減収

会員限定 工業用品 2019-11-25

 バンドー化学は11月18日に東京支社で、20年3月期第2四半期(4-9月:IFRS)の決算説明会を開催した。それによると、売上収益は462億3,400万円で前年同期比4.3%減、コア営業利益が30億1,900万円で同25.2%減、純利益(親会社の所有者に帰属する四半期利益)が21億2,200万円で同41.4%減となった。

 「売上収益は米中貿易摩擦の長期化の影響もあり、海外を中心に減収。コア営業利益は子会社化した医療機器メーカー『アイメディックMMT』の新規連結による影響と、既存事業の減収、セールスミックスの変動等により減益となった」(バンドー化学)

 コア営業利益は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界