PAGE TOP

20年3月第2四半期業績

相模ゴム工業、 ヘルスケア事業は増収減益

工業用品 2019-11-13

 相模ゴム工業が11月13日に発表した20年3月期第2四半期(4-9月)業績は、売上高が33億200万円で前年同期比5.7%増、営業利益が6億6,300万円で同5.2%減、経常利益が5億8,800万円で同4.6%減、純利益が3億7,900万円で同7.1%減となった。

 セグメント別にみると、ヘルスケア事業は売上高が24億8,200万円で同3.4%増、営業利益が8億6,600万円で同5.4%減。インバウンド需要が一服したものの、ポリウレタン製コンドーム「サガミオリジナル」の売れ行きは値崩れもなく、輸出も含め堅調に推移。また、新たなカテゴリーとして、家族計画をサポートする妊活商品を上市した。

 プラスチック製品事業は売上高が6億8,000万円で同14.0%増、営業利益が2,700万円で同143.2%増。原油価格の安定を背景に食料品向け包装フィルムを中心に全体的な底上げが見られた。

 入浴・介護サービスなどを含むその他事業は売上高が1億3,900万円で同9.5%増、営業損失が5,200万円(前年同期は4,300万円の損失)となった。

 20年3月期通期業績予想は、売上高66億円で前期比5.5%増、営業利益12億円で同7.0%増、経常利益11億円で同20.0%増、純利益8億円で同44.6%増を見込んでいる。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界