PAGE TOP

環境に対応しつつ高い離型性能

三洋貿易、ユニケムのフッ素系金型離型剤販売へ

商社 2022-04-27

 三洋貿易はこのほど、ユニケムのフッ素系金型離型剤であるUR・UWシリーズの取り扱いを開始した。サンプル提供を進め、本格販売に繋げていく。

フッ素系金型離型剤



 ユニケムは、大手フッ素化学メーカー出身者が2019年10月に大阪府で立ち上げたスタートアップ企業。フッ素化合物の合成技術に強みを持つ。高品質・低コスト原料の調達力に加え、大手に比べ低固定費のためコスト競争力が高く、少量の早期製品化や案件ごとのカスタマイズ合成といった小回りが利く点も大きな魅力だ。

 金型離型剤は、樹脂やゴムの金型成形時に金型と成形物が固着することを防止するもの。離型性能だけでなく、持続性が高いこと、金型汚れや成形物への転写がないことが性能として求められる。金型離型剤の中でもフッ素系は、シリコーン(オイル)系やワックス系、界面活性剤といった他の離型剤に比べ高機能で、他の離型剤では性能が不足する用途に使用される。

 UR・UWシリーズは、独自開発のフッ素化合物の低付着性により、高い離型性を示すほか、フッ素離型の特徴である成形物への転写の少なさにより、塗膜持続性が高い。また、薄膜での離型が可能なため、金型および成形物の汚れが少なく、シリコーン(オイル)系のような成形品のべたつきもない。離型塗膜が分子レベルの薄膜であることと流動性を有しないことから、複雑な形状の金型への提供が可能で、寸法精度の向上と不良率低減にも寄与する。
 環境に対応しつつ高性能な点も特徴の一つ。近年の環境規制によって、フッ素系金型離型剤の中には、規制対象物質が含有しなくなったことで、性能低下に繋がった点も一部で指摘されていた。UR・UWシリーズは、規制対象物質が非含有にもかかわらず、離型性能が高く維持されている。

 水系のUWシリーズ、溶剤系のURシリーズのいずれもシリコン配合、ノンシリコンをラインアップし、配合カスタマイズによる改良提案も可能。エアゾール缶についてもシリコン配合、ノンシリコンともに相談に応じるとしている。シリコン配合はフッ素ゴム、ノンシリコンはシリコーンゴムへの使用に適している。
 三洋貿易では国内だけでなく、同社が拠点を持つ海外についても供給可能としている。詳しい問い合わせは、三洋貿易ゴム事業部電話03・3518・1029まで。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた