PAGE TOP

2024年9月第1四半期業績

三洋貿易、ゴム関連商品は減収減益

決算 2024-02-08

 三洋貿易の2024年9月期第1四半期(2023年10~12月)業績は、売上高が330億7,500万円で前年同期比5.3%増、営業利益が23億500万円で同17.6%増、経常利益が22億3,300万円で同34.0%増、純利益が13億7,300万円で同14.5%増だった。

 セグメント別のうち、化成品は売上高が99億6,400万円で同2.5%減、営業利益が6億3,800万円で同8.7%増。ゴム関連商品は、自動車の国内生産好転により顧客の部品在庫消化が進んだことで原材料需要は回復傾向にあるものの、円安による仕入価格高騰の影響などで減収減益。化学品関連商品は、主力商材の好調や新規商材の取扱開始、価格見直しによる利益率の改善などが進み増収増益。ライフサイエンス関連商品は、電材、フィルム、香料などの主力商材が好調で増収増益となった。

 海外現地法人は売上高が92億7,600万円で同2.7%減、営業利益が6億9,500万円で同71.6%増。Sanyo Corporation of Americaはフィルム関連や自動車関連が好調。三洋物産貿易(上海)は景気減速の影響を受けて低調。Sanyo Trading Asia(タイ)は自動車関連が好調。Sun Phoenix Mexicoは自動車関連が好調。Sanyo Trading Indiaは、ゴム関連が不調。Sanyo Trading (Viet Nam)は、景気の落込みの影響を受けて低調。Sanyo Trading Indonesiaは、ゴム関連が不調だった。

 2024年9月期通期業績は、売上高1,260億円で前期比4.5%増、営業利益60億円で同8.1%減、経常利益62億円で同12.6%減、純利益40億円で同16.4%減を見込んでいる。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた