PAGE TOP

乗用車用タイヤ、5年間で335億円を投資

ブリヂストン、インド2工場を増強

タイヤ 2017-08-09

 ブリヂストンは8月8日、インドのグループ会社であるブリヂストン インディア(BSID)が、インド国内における自動車保有台数や生産台数の増加に伴うタイヤ需要の拡大に対応するため、プネ工場およびインドール工場での乗用車用ラジアルタイヤの生産能力を増強すると発表した。

 今後5年間で約3億430万米ドル(約335億円)の投資を段階的に行う計画。

 今回の投資では、両工場の合計生産能力を2022年までに日産約1万5,000本増強し、増強後の合計生産能力を日産約4万1,000本とする予定。併せて、最新鋭の設備・技術の導入により、今後見込まれるインド市場における新車用タイヤの大径化にも対応する。また、現地で約450人の雇用も創出する見込み。

 同社グループは、インド市場を重要な市場の一つとして位置付けており、1996年に製造販売会社を設立して以来、インド市場における事業の発展と社会への貢献に尽力。今回の投資により、著しい経済発展、自動車産業の伸長が見込まれるインド市場に対応する。

 ■BSIDの概要
 会社名=ブリヂストン インディア◇代表者名=Yves Kerstens氏(Managing Director)◇所在地=マハラシュトラ州プネ市近郊チャカン◇設立年月=1996年2月◇出資比率=ブリヂストン アジア パシフィック100%(ブリヂストン100%子会社)◇従業員数=約3,000人(2017年7月末現在)

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界