PAGE TOP

摩耗時でも性能が永く効く

日本ミシュランタイヤ、乗用車用スタッドレス「MICHELIN X-ICE3+」発売

タイヤ 2017-07-04

「MICHELIN X-ICE3+」とポール・ペリニオ日本ミシュランタイヤ社長


MICHELIN X-ICE3+

MICHELIN AGILIS X-ICE


 日本ミシュランタイヤは、新品時だけでなく摩耗時においても氷上性能を向上させた新しいスタッドレスタイヤ「MICHELIN X-ICE3+」(ミシュラン・エックスアイス・スリープラス)を8月1日から順次発売する。展開サイズは15インチから18インチまでの全15サイズで価格はオープンプライス。

 新商品は、新品時だけでなく2-3年経過した後でもアイスブレーキング性能を求める消費者ニーズに応える形で開発された乗用車用スタッドレス。

 最大の特徴は新コンパウンドの「表面再生ゴム」。コンパウンドの中に無数の「Mチップ」と呼ばれる物質を内包しており、このMチップがタイヤの摩耗が進むと溶け出し、それによって無数の穴が現れる。この無数の穴が氷表面にある水分を除去し、氷にしっかりと密着する。つまりタイヤがすり減っても、常にタイヤ表面に無数の穴が再生されるため、アイスブレーキ性能が長期にわたって持続する。新コンパウンドに採用によって、従来品のX-ICE3との比較では、新品時のアイスブレーキングを4.5%改善。また、摩耗時でも11.5%の改善を実現した。

 6月26日、発売に先駆けて開催した記者会見で同社のポール・ペリニオ社長は、「新商品は研究・開発を群馬・太田で、テストを北海道・士別で行うなど、日本のマーケットに合ったスタッドレスタイヤとなっている。生産は中国で行い、そこから日本・中国に供給していく」と語った。

 商用車用も合わせて発売
 また同社は8月1日から、乗用車用スタッドレスタイヤのアイスグリップ性能と商用車用サマータイヤの耐久性を両立した商用車用スタッドレスタイヤ「MICHELIN AGILIS X-ICE」(ミシュラン・アジリス・エックスアイス)を発売する。サイズは1サイズで価格はオープンプライス。

 同商品は、商用車用サマータイヤ「MICHELIN AGILIS」のロングライフ性能はそのままに、乗用車用スタッドレスタイヤX-ICEシリーズの優れたアイス性能を継承。また、サマータイヤと同様に速度レンジ「R(170キロ/h)」を実現し、優れた高速安定性と乗り心地を確保している。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界