PAGE TOP

約84億円を投資、3万2,500本/日へ増強

横浜ゴム、フィリピンの乗用車用タイヤ生産販売会社の生産能力を増強

タイヤ 2024-01-24

 横浜ゴムは、フィリピンの乗用車用タイヤ生産販売会社であるYokohama Tire Philippines(YTPI)の生産能力を増強する。投資額は約35億ペソ(約84億円)で、1,800本/日を増強し、3万2,500本/日に引き上げる。

 今回の増産投資では既存の生産サイズの拡張に加え、新たにハイインチの21、22インチサイズの生産ラインを新設する。2024年第2四半期から拡張工事を開始し、YTPI設立30周年を迎える2026年の第2四半期からフル稼働する予定となっている。

 YTPIは1996年4月に設立した輸出向けタイヤの主力拠点。現在13~20インチの乗用車用およびSUV用タイヤを生産しており、その大半を欧州、北米、ASEAN諸国に市販用タイヤとして輸出しているほか、北米、アジア諸国の自動車メーカーに新車装着用タイヤとして納入している。

 今回の増強により、今後予測されるタイヤ需要の増大に迅速に対応するとともに、高付加価値商品であるハイインチサイズの生産力を強化することで収益力を高める。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた