PAGE TOP

上質な静粛性が持続するプレミアムコンフォートタイヤ

横浜ゴム、「ADVAN dB V553」を発売

タイヤ 2023-12-19

 横浜ゴムは、新品時だけでなく摩耗時にも優れた静粛性を発揮するプレミアムコンフォートタイヤ「ADVAN dB V553」を、2024年2月から日本およびアジアなどで順次発売する。発売サイズは225/45R21 95W~155/65R14 75Hの46サイズを計画している。

 同商品は、2017年から販売している「ADVAN dB V552」の後継モデルで、「上質な静粛性が持続するプレミアムコンフォートタイヤ」をコンセプトに開発。上質な静けさと乗り心地をドライバーや同乗者に提供するとともに、静けさと安全性がより長く持続するタイヤとして、従来品で好評の静粛性をさらに進化させただけでなく、摩耗の進行による静粛性とウェット性能の低下を抑制している。

 開発ではトレッドパターンを新たに設計し、構造をタイヤサイズごとに最適化。これにより新品時の騒音エネルギーを従来品比15%低減。さらに摩耗時の騒音エネルギーも22%低減している。コンパウンドは低燃費性能、ウェット性能、耐摩耗性能のバランスに優れた「ADVAN dB」向けコンパウンドを採用。国内タイヤラベリング制度における転がり抵抗性能を「AA~A」、ウェットグリップ性能は全サイズ最高グレードの「a」を獲得し、優れた低燃費性能とウェット性能を実現している。加えて耐摩耗性能、摩耗時のウェット性能にも配慮している。タイヤサイドには、雨と静けさをイメージした模様と鮮明でスタイリッシュなロゴデザインを採用し、プレミアムコンフォートタイヤにふさわしい洗練されたイメージを提供する。なお、全サイズがJATMAで定める低車外音タイヤのラベリング制度において「低車外音タイヤ」の条件を満たしている。

 「ADVAN dB V553」は、同社が展開する電動車対応商品であることを表す独自マーク「E+(イー・プラス)」を打刻。「低電費」「静粛性」など電動車に特徴的なニーズに対応する技術を搭載したタイヤとして、タイヤサイドへの打刻に加えカタログやウェブサイトなどでも表示し、ユーザーのタイヤ選びをサポートする。また、タイヤの生産には再生可能エネルギー由来の電力を使用している。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた