PAGE TOP

オオムラサキ

住友ゴム工業、市島工場と岡山タイヤテストコースで国蝶が羽化

タイヤ 2022-07-07

 住友ゴム工業の市島工場(兵庫県丹波市)と岡山タイヤテストコース(岡山県美作市)でオオムラサキの羽化が始まった。オオムラサキは1957年に国蝶に選ばれ、現在は準絶滅危惧(NT)に指定されている。

オスのオオムラサキ


 市島工場は工場内に建てたケージの中で、2007年からオオムラサキの育成に取り組んでおり、2011年から毎年、近隣の幼稚園や保育所の園児を招待し、観察会を実施している。同活動を含む緑化・環境保全活動が認められ、2022年4月には「令和4年度緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」を受賞している。

 今年の観察会は6月17日、20日、23日に、近隣の認定こども園「あいいくの丘」と「いちじまこども園」の園児を招いて実施。観察会の後は、工場に併設されたゴルフ科学センターを園児たちに開放した。

 2019年からは市島工場でのノウハウを岡山タイヤテストコースに提供。拠点の枠を越え、協働でオオムラサキの育成に取り組んできたが、今年、その努力が実を結び、岡山タイヤテストコースでもオオムラサキの羽化に成功した。

 ■市島工場概要
 ◇所在地=兵庫県丹波市市島町梶原5◇工場長=友定 学氏◇操業開始=1996年◇事業内容=ゴルフボール製造◇敷地面積=18万2,000平方メートル(ゴルフ科学センター含む)

 ■岡山タイヤテストコース概要
 ◇所在地=岡山県美作市真加部740◇開設=1986年◇敷地面積=100万平方メートル

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた