PAGE TOP

省エネへの取り組みが評価

横浜ゴム、平塚製造所が「エネルギー管理優良事業者」を初受賞

タイヤ 2022-02-10

 横浜ゴムの平塚製造所が2月3日、経済産業省関東経済産業局より「令和3年度エネルギー管理優良事業者等関東経済産業局長表彰」を受賞した。同賞を平塚製造所が受賞するのは初めて。

 同賞は、関東経済産業局が毎年2月の「省エネルギー月間」に合わせて、省エネルギーの一層の普及促進を図るために、省エネルギーへの貢献が顕著だった優良事業者などを表彰するもの。

 平塚製造所は、全社の地球温暖化対策委員会の下に組織された分科会が中心となって高レベルな省エネ活動を計画的に実施し、省エネ法のクラス分け評価制度において最高の「S」ランクに位置している。

 2016年4月から2021年3月までの5年間は、ボイラシステムなど設備における高度な改善活動により、エネルギー消費原単位を毎年1%以上削減し、5年間平均では2.5%削減した。同時に温室効果ガス排出量や水使用量の削減、自動化による省力化なども実現。

 社外に向けた啓発・普及活動にも積極的に取り組み、参加型環境イベント「Think Eco ひらつか」をはじめ、省エネセミナーや設備見学会など多数実施。今回の受賞はこうした実績が高く評価された。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた