PAGE TOP

氷上、雪上性能と持続性も評価

横浜ゴム 、「iceGUARD 7」がグッドデザイン賞を受賞

タイヤ 2021-10-21

 横浜ゴムは、同社乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD 7」が10月20日、2021年度グッドデザイン賞を受賞したと発表した。


 「iceGUARD 7」は、「YOKOHAMAスタッドレスタイヤ」の第7世代の新商品。「アイスガード」が一貫して追求してきた「氷に効く=氷上性能」を向上させたほか、「雪に効く=雪上性能」もレベルアップした。従来品で定評のあった「永く効く=性能持続性」も兼ね備えている。

 今回は両立が難しい氷上性能と雪上性能をバランスよく保ち、スタッドレスタイヤの課題であった性能持続性も合わせ持った点が評価された。

 審査員は、「接地面積が重要な氷対策を重視しながら、溝とサイプのエッジ量で雪を効かすことを達成している。また、耐久性が課題だったスタッドレスゴムの硬化を抑え、摩耗時のサイプの太さを変えることで“永く効く”性能を兼ね備えた」とコメントしている。

 グッドデザイン賞は公益財団法人日本デザイン振興会が主催する総合的なデザイン評価推奨制度で、国内外の多くの企業が参加している。同社はタイヤ商品では2016年から6年連続で受賞。「ADVAN」は2商品、「GEOLANDAR」は6商品、ウィンタータイヤは今回の「IceGUARD 7」を加え2商品が受賞している。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた