PAGE TOP

航空機用、鉱山車両用タイヤで

ブリヂストン、デジタル活用し‟匠の技”を伝えるシステム開発

タイヤ 2021-04-15

 ブリヂストンは、中期事業計画を支えるDX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として、航空機用タイヤと建設・鉱山車両用タイヤの「モノづくり領域」において、匠の技を伝えるシステムをノビテックと共同で開発した。

 このシステムにより、デジタルを活用して工場における航空機用タイヤや建設・鉱山車両用タイヤの成型作業に必要な暗黙知を形式知化・定量化し、熟練技能員の匠の技を確実かつ効率的に伝承することが可能になる。既に航空機用タイヤを生産する久留米工場、建設・鉱山車両用タイヤを生産する北九州工場に本格導入され、同社のソリューション事業を支える「断トツ商品」の安定供給に貢献している。2021年上期中には、航空機用タイヤを生産する海外工場(タイ)にも展開する予定。



 ブリヂストンでは、市場・顧客情報を素早くエンジニアリングチェーンに繋ぐ市場・顧客接点のDXとともに、技術イノベーションを推進すべく素材開発から製品開発、モノづくりというエンジニアリングチェーン全体でのDXに取り組んでいる。現場の匠達により長年培われてきた膨大なデータや経験が支える「ゴムを極める(ゴムを見る・解く・操る)」技術などの「強いリアル」に、デジタルを融合する事で、”より大きなデータで、より早く、より容易に、より正確に”、「断トツ商品」開発、「断トツソリューション」に繋げることを目指している。

 今回対象となった航空機用タイヤと建設・鉱山車両用タイヤは、タイヤメーカーの総合的かつ高度な技術力を反映する商品。多くの部材で構成され、成型工程での、作業ステップ数は一般的な乗用車用タイヤの15倍以上、高度な熟練のスキルが求められる。成型作業における不具合は製品不良に直結し、安心・安全なオペレーションを支える「断トツ商品」をタイムリーに供給できなくなることにつながる。そのため、モノづくりにおける匠の技を確実に伝承していくことが、最適なグローバル供給体制の構築に向けて課題となっていた。

ナイフを使ったタイヤ部材のカット作業



 そのような中、同社では、ノビテックの協力を得てデジタルを活用した技能伝承システムを開発。新人技能員などの技能訓練に活用し、確実かつ効率的に熟練技能員の匠の技を伝承する仕組みを構築した。成型作業の動きをモーションカメラや慣性・圧力センサーで計測し、新人と熟練技能員の差を作業ステップ毎に可視化し評価、低評価のステップについて繰り返し訓練することで、効率的に技能を習得することができる。高度な熟練のスキルがDXにより標準化されることで、高品質な「断トツ商品」を安定的に供給することが可能となる。

モーションカメラで技能員の動きをモニタリング、数値化する

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた