PAGE TOP

心身の健康維持する施策が評価

住友ゴム工業 、「ホワイト500」に5年連続で認定

タイヤ 2021-03-05

 住友ゴム工業は、経済産業省と日本健康会議が共同で発表した「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」に認定されたと発表した。今回の認定で同制度が開始されてから5年連続の取得となる。

 同社では2018年に制定した「健康経営宣言」にある“自分の健康は自分で守る”を実践するための様々な取り組みを実施。社長自らが健康宣言を発信し、その動きを全社に拡げている。主な内容は以下の通り。

 ①「定期健康診断のアフターフォローの徹底」では、診断の項目充実のほか、節目人間ドックや女性のがん検診などを実施。健康診断後は健康管理規程に基づき、再検査・精密検査の受診率向上や保健指導の拡充に取り組んでいる。

 ②「健康意識向上と生活習慣の改善」では、コロナ禍のなか生活習慣改善に関するセミナーや教室など、動画配信を活用し継続的に実施。導入した健康ツールの健康インセンティブ制度を利用したウォーキングラリーへの参加者も拡大した。

 ③「メンタルヘルスケアの拡充」では、ストレスチェック結果に基づく職場分析・改善活動の実施やメンタル不調の未然防止・早期対処のためのラインケア教育、セルフケア教育の徹底を通じて、働きやすい職場環境づくりを進めている。在宅勤務者に対してもきめ細やかなケアを継続している。

 ④「働き方改革の推進」では、ウェブ化・デジタル化による業務効率化を進め、総労働時間短縮や有休休暇の取得を推進。長時間労働者には産業医面談も実施している。

 以上、これらの取り組みが評価され、今回の認定に繋がった。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた