PAGE TOP

ビード部膨らみの不具合報告に対応

住友ゴム工業、ダンロップ大型TB用タイヤを無償交換

タイヤ 2021-02-01

 住友ゴム工業は、ダンロップの大型トラック・バス用タイヤのうち、2020年1月24日から6月9日までに製造されたタイヤの一部について、2月1日から無償で交換するサービスキャンペーンを実施する。

 対象となるタイヤの一部で、走行によりビード部(サイドウォールのホイールに近い部分)の一カ所が膨れるという外観不具合が、同年4月から10月にかけて46件報告されたことを受けて対応するもの。

 原因分析の結果、タイヤの成形工程でインナーライナーをジョイントする際に使用するジョイントテープが一部指定位置を超えてはみ出し成形されていたこと。ジョイントテープのゴム配合変更により接着力が低下したことが重なり、不具合が発生したことが判明している。

 同社では、安全性に問題がないことを確認しているが、顧客に安心してもらえる商品を届けるため、国内で販売された1万2,439本について、国土交通省へ通知の上、対象となるタイヤを無償で交換することを決定した。対象タイヤの詳細は、https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2021/sri/2021_007.htmlを参照。

 なお、同社では、このような事態が二度と発生することのないよう、製造工程管理および製品検査のより一層の徹底により、品質管理の強化に努めていくとしている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた