PAGE TOP

走行時の電気エネルギーを10%削減

ブリヂストン、熊本大学との共同研究でEVバス専用タイヤを開発

タイヤ 2020-11-20

 ブリヂストンは、熊本大学大学院先端科学研究部(工学系)の松田俊郎准教授(以下、熊本大学)との共同研究により、公共交通の持続可能な発展に貢献するEVバス専用タイヤのプロトタイプを開発した。

 今回開発したプロトタイプは、EVバス運用時のトータルコスト削減を目的として、EVバス専用タイヤに求められる性能を追求している。新しい溝形状の採用により、これまでの路線バス用のタイヤと比べて、摩耗ライフを維持しながらウェット・雪上路面でのトラクション性能を向上。転がり抵抗を20%低減することで、EVバスの走行に必要な電気エネルギーを10%削減することが可能となり、1年間で約50,000円の電費削減によるコスト削減効果が期待できる。

 地球温暖化が世界的な社会課題である今、CO2排出量が少なく環境性能に優れたEV車両の導入が急務となっている。一方、主要な公共交通である路線バス用のEVバスは未だ価格が高く、タイヤを含めたトータルコストを下げることが課題になっている。こうした背景から、同社は環境省による「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の協力者として、2018年から熊本大学をパートナーとしたオープンイノベーションを推進し、EVバス普及に貢献するソリューションの構築を目指してきた。

 2018年に開始した熊本市での実証試験において、熊本大学のEVバスへの知見と同社のタイヤ開発の技術を組み合わせることで、タイヤの転がり抵抗の低減がEVバスの回生エネルギーの増加に繋がり、EVバスの電費削減が可能となることを確認している。

 今後、2020年10月に開始した横浜市での実証実験の場等を活用し、コスト削減効果の確認に加えてEVバス特有の車両制御とタイヤのマッチングについての評価を行い、EVバス普及実現に向けて検証を推進する。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた