PAGE TOP

タイヤ空気圧をモニタリング

横浜ゴム、IoTを駆使したタイヤマネジメントシステムをリニューアル

タイヤ 2020-09-01


 横浜ゴムは9月1日、IoTを活用した次世代タイヤマネジメントシステム「T.M.S(ティーエムエス)」をリニューアルし、9月10日からサービスを開始すると発表した。

 同時に、第4世代となるトラック・バス用タイヤ空気圧モニタリングシステムの新商品「HiTES4(ハイテスフォー)」を発売。タイヤに関するデータをインターネットで繋ぎ、摩耗予測、最適な商品および運用プランの提案を迅速に行うことで輸送ビジネスの課題解決に貢献する。

 「T.M.S」は車両基本情報、装着タイヤ情報、タイヤ点検結果などの情報を管理するサービス。最新版ではスマートフォンと連携するデプスゲージによってタイヤの溝の深さの自動入力が可能となり、点検のスピードアップや効率化を実現した。

 「HiTES」はタイヤ内部の空気圧と温度をリアルタイムで確認できるモニタリングシステム。今回発売する第4世代は、管理値に達した際に音と色点滅で分かりやすく伝えるインジケーターを採用し、スマートフォンやタブレットで簡単にタイヤ状態を確認できる機能を追加したほか、「T.M.S」のクラウドサーバーとの連携を可能にした。

 「T.M.S」と「HiTES4」を連携させることで、トラックやバスと離れた場所からでも、専用WEBページからタイヤ内部の空気圧と温度や車両の位置を確認できる。さらに、モニタリングデータは同社独自の解析を通じて、リトレッドタイヤとして再利用が可能かどうかの指標としても活用できる。

■「T.M.S」公式サイト:https://www.y-yokohama.com/product/truckbustire/tms/
■「HiTES4」公式サイト:https://www.y-yokohama.com/product/truckbustire/hites/

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界