PAGE TOP

路面に接した際のひずみを計測

ブリヂストン、タイヤの荷重と摩耗の推定技術開発

タイヤ 2019-12-19

 ブリヂストンは12月18日、タイヤの荷重と摩耗状態を推定する技術を開発したと発表した。タイヤの内側に「Smart Strain Sensor(スマートストレインセンサー)」と呼ばれるセンサーを貼り付け、走行時にタイヤが路面と接触した際のひずみを計測し推定する。

 Smart Strain Sensorは、一般的なTPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)の機能であるタイヤの空気圧や温度を把握するだけでなく、路面に接触している部分のタイヤのひずみを測定。そのひずみデータを独自のアルゴリズムによって荷重、摩耗の情報へ変換する。速度に依存しないタイヤのひずみを計測するため、極低速度域でも信頼性の高いデータが収集できる。

 Smart Strain Sensorを装着することで、ドライバーはタイヤの空気圧などの情報とともに、摩耗や荷重の状態を認知することができる。車両管理者が遠隔でリアルタイムにモニタリングすることも可能だ。適切なタイミングでタイヤ交換でき、タイヤメンテナンスの軽減やタイヤトラブルの未然防止に繋がる。また、将来の自動運転社会における安全な走行制御への活用も期待できる。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界