PAGE TOP

10年以内の量産実現を目指す

コンチネンタル、タンポポゴム研究所を開設

タイヤ 2019-01-22

開所式の様子


 コンチネンタルは2018年12月6日、タンポポゴムの研究所「Taraxagum Lab Anklam(タラクサガム・ラボ・アンクラム)」を、ドイツ・メクレンブルク=フォアポンメルン州のアンクラムに開設したと発表した。

 同研究所は、2017年11月に起工式を開催。3万平方メートルの面積を有している。

 同研究所は、天然ゴムの原材料である熱帯地域原産のゴムノキの代替原料として、ロシアタンポポの栽培や抽出プロセスの研究開発が行われる拠点となる。今後の天然ゴムの需要増加を想定し、ロシアタンポポを原材料とした天然ゴムの量産の実現を10年以内に目指す。

 中期的には、農業科学や化学、生産や工程技術を専門とする約20人の社員が、ロシアタンポポの栽培だけでなく、加工に使用する機械の開発や、設置、運用の研究を行っていく。

 開所式には、メクレンブルク=フォアポンメルン州の経済大臣であるHarry・Glawe氏、アンクラム市長のMichael・Galander氏、現場マネジャーであるDr. Carsten・Venz氏も出席した。

 コンチネンタルは16年8月に同研究所の計画を発表し、17年11月にアンクラムで着工した。同社は2011年以降、ミュンスターのフラウンホーファー研究機構、クウェドリンブルクのユリウスクーン研究所、パークシュテッテンの植物育種業者であるESKUSAなど、さまざまな研究プロジェクトで協力してきたパートナーと連携し、ドイツ連邦教育研究省やドイツ連邦食料・農業省の支援の下、天然ゴムの原材料を熱帯地域の植物にとって代わる、穏やかな気候の中で栽培できる植物に置き換えるための研究に取り組んできた。

 14年に100%タンポポゴム由来のトレッドを採用した冬用プレミアムタイヤの最初のサンプルが完成し、路面テストを実施。16年にはタンポポゴムから作られたトレッドを使った初のトラック用タイヤを発表した。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界