PAGE TOP

LGBT等の性的マイノリティに関する取り組みが評価

ブリヂストン、「PRIDE指標2018」で最高評価の「ゴールド」を初受賞

タイヤ 2018-10-15

 ブリヂストンは10月12日、「LGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的とした任意団体work with Prideが策定する、企業や団体のLGBTに関する取り組みを評価する「PRIDE指標2018」において最高評価の「ゴールド」を初めて受賞したと発表した。

 同指標は、日本で初めてとなるLGBT等の性的マイノリティに関する取り組みを評価する指標で、2016年から表彰制度がスタートし、今回で3回目となる。

 LGBTに関する取り組みを5つの評価指標に分類し、各指標の獲得点数から「ゴールド」、「シルバー」、「ブロンズ」の3段階で表彰するもの。同社は、5つの指標すべてを満たす5点を獲得し、最高評価である「ゴールド」を受賞した。

 LGBTに関する同社の取り組み事例は次の通り。

 ①2018年に同社が定めた「ブリヂストングループ グローバル人権方針」の中で、「性的指向」「性自認」に関する差別の禁止を明文化し、社内外へ公開②社員の理解向上を図るため、2017年7月から入社研修や管理職研修、全社員向けのe-learning研修等の中で、性的マイノリティに関する説明を実施③社外講師を招き、役員から一般社員までを対象にLGBT勉強会・交流会を実施④社内・社外に相談窓口を設定し、イントラネットで掲載――など。

 同社は、グローバルCSR体系「Our Way to Serve」に沿って策定された「ブリヂストングループ グローバル人権方針」のもとでさまざまな価値観や個性を持つ多様な人々が働きやすく、活躍できる職場環境整備を推進している。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界