PAGE TOP

米ブルーミントン工場、20年中に完了へ

ブリヂストン、建設・鉱山車両用タイヤ増強

タイヤ 2018-07-18

ブルーミントン工場


 ブリヂストンは7月18日、米国子会社のブリヂストン アメリカスがイリノイ州ブルーミントン工場で、建設・鉱山車両用タイヤの生産能力を増強すると発表した。投資額は約13億円で、20年中に完了する計画。

 増強で新たに29、33、35インチの中小型建設・鉱山車両用タイヤを製造する。同サイズはこれまで、下関工場のみで生産していたが、増強により需要増加に対応する。

 ブリヂストンでは「今回の増強により、当社グループは、米国サウスカロライナ州のエイケン工場での大型・超大型建設・鉱山車両用タイヤの製造と併せて、戦略商品である建設・鉱山車両用タイヤを北米の顧客に迅速に供給することができる」としている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界