PAGE TOP

鳥取県の情報を新たに追加

日本ミシュランタイヤ、「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」を今秋に発行

タイヤ 2018-03-16

「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」表紙イメージ


 日本ミシュランタイヤは3月14日、「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」を今秋に発行すると発表した。

 同ガイドブックは、毎年発行している「ミシュランガイド京都・大阪」に鳥取県全域の飲食店・レストランと宿泊施設を加えたもの。毎年更新する都市版ガイドブックに新たな県全域を追加するのは初めての試みで、鳥取県は国内で発行されるミシュランガイドの対象地域として19エリア目となる。

 鳥取県は、中国地方最高峰の大山をはじめとする中国山地の連なりを背に、日本海に面した自然豊かなエリア。大地から湧き出る天然水や温泉水に恵まれ、良質な水に育まれた果物や野菜のほか、畜産物や日本海から上がる海産物など、食材が豊富な地域となっている。同社はそれらの食材に注目し、ガイドブックに鳥取県を加えて出版することになり、現在、鳥取県全域の飲食店・レストランおよび宿泊施設を調査している。

 日本ミシュランタイヤ代表取締役のポール・ペリニオは、「『ミシュランガイド京都・大阪』が今年、記念すべき10周年を迎えると同時に、鳥取県全域の飲食店・レストラン、宿泊施設を新たに紹介できることをうれしく思う。鳥取と大阪は車で約3時間なので、往来がこれまで以上に盛んになり、互いの魅力を体験しあえる手伝いができたら幸い。地元に暮らす皆様だけでなく、世界から訪れる観光客の皆様にも、鳥取県の知られざる魅力を紹介できることを願っている」とコメントした。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界