PAGE TOP

2022年3月期業績

日東化工、シート、マット堅調で増収大幅増益

決算 2022-04-28

 日東化工の2022年3月期業績(非連結)は、売上高が34億5,900万円で前期比5.4%増、営業利益が6,000万円で同59.4%増、経常利益が1億800万円で同70.9%増、純利益が8,800万円で同382.9%増だった。

 売上高および営業利益は計画通りに推移したが、経常利益、純利益は助成金収入や投資有価証券売却益により期初の業績予想値を上回った。

 セグメント別の売上高をみると、コンパウンド事業は18億7,600万円で同3.2%増。ゴムコンパウンドにおける自動車関連を中心とした受注回復に加え、樹脂洗浄剤や導電性樹脂の売り上げが回復したことで増収だった。

 ゴム加工事業は15億6,000万円で同8.2%増。ゴムマットの受注回復やゴムシートの新規案件の受注等により前期実績を上回った。

 2023年3月期通期業績予想は、売上高が35億円で前期比1.2%増、営業利益が1億円で同64.8%増、経常利益が9,000万円で同16.7%減、純利益が5,500万円で同38.0%減を計画している。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた