PAGE TOP

コラム「Front Line」

オールシーズンタイヤが目指す省資源化という環境寄与

会員限定 連載 2023-11-27

 近年、国内市場での販売が拡大しているオールシーズンタイヤ。欧米ではメジャーな存在だが、国内市場での認知度向上はまだこれからの商品だ。

 オールシーズンタイヤはその名の通り全季節に対応でき、雪上でも走行できるが、氷上においての性能は厳しい。そのため、オールシーズンタイヤを販売するタイヤメーカー各社は、降雪地区はもちろんのこと、非降雪地区のユーザーに対してもタイヤ用途(例えばウインタースポーツなど)に応じて、従来通りスタッドレスタイヤを推奨している。

 そのオールシーズンタイヤが、本当にオールとなる可能性が出てきた。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた