PAGE TOP

コラム「Front Line」

フッ素ゴムからみる環境変化への対応

会員限定 連載 2023-01-16

 フッ素ゴムの需給は、より深刻さを増すのだろうか。

 昨年末、米3MはPFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)の製造を2025年末までに終了すると発表した。PFASの製造中止により、同社が製造しているフッ素ゴム「ダイニオン」についても、同様のスケジュールで製造が中止となる。

 当欄でも再三触れているように、

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた