PAGE TOP

コラム「Front Line」

ホースは増えるが手放しでは喜べない

会員限定 連載 2022-06-06



 先月、3年ぶりにリアル開催された「人とくるまのテクノロジー展」。新型コロナ以前の3年前が、どのような展示だったのかを明確に憶えてはいないが、少なくとも今回の展示での中心は電動車(EV)に関するもので、100年以上もの間、常に自動車を支える中心にあったエンジンに、大きな焦点は当たっていなかった。

 需要の約7割を自動車が占めるゴム製品にとって、この変化が及ぼす影響は大きい。燃料用ホースやオイルシールなどエンジン周りに使用されるゴム製品が、その変化のターゲットになる。これは、近年言われ続けてきたことだ。もちろん、全ての自動車が今すぐEVに替わるわけではなく、当面はエンジン搭載車が市場の多くを占めることに違いはない。しかし、大きな流れがEVにあることも事実で、その流れに抗うことはできないだろう。

 展示会に出展していたホース関連メーカーの担当者に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた