PAGE TOP

コラム「Front Line」

RFIDによる製品の状態把握が本格化か

会員限定 連載 2022-05-30

 タイヤや工業用ゴム製品でDX(Digital Transformation)が推し進められている。RFID(Radio Frequency Identification)を用いた製品の状態把握が、ゴム業界で本格化しそうだ。横浜ゴムがマリンホースやコンベヤベルトに、日本ミシュランタイヤはタイヤに内蔵していくという。

 RFIDは、電波などを用いICタグの情報を非接触で読み取ったり、書き換えたりする自動認識技術。小売りや製造業、流通等で活用されており、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた