PAGE TOP

【新年インタビュー】ムーンスター猪山渡社長

国産自社ブランドで新流通の開拓はかる

その他 2017-01-31


 創業150周年に向け、中期戦略を進めているムーンスター、その1つの柱の施策として、消費者との接点強化・拡大を上げている。「消費者との接点拡大によるデータの活用については、直営小売店、eコマース、カスタマーセンターなどからの顧客情報、さらに、営業からの情報などを一元管理して企画、開発、生産、販売に連動させ効率を高める体制づくりを進めていく」と語る猪山渡社長。

 ■供給体制・海外生産
 中国から一部生産をASEANに移行せざるを得ない状況になっているので、16年7月にはベトナム事務所を開設し、中国・東莞事務所との2カ所体制にしました。ASEANでは労務費が安い、関税が軽減されるというメリットはありますが、多くの材料は中国から運ぶ必要がある段階です。リードタイムも長くなりますので利点ばかりではありません。それでも、中国工場が内陸に移転、分散しているので生産管理などの不便さが増していますし、中国では生産できなくなる商品も増えてくる可能性があります。当社としては、移行するなら品質管理と供給を確かなものにしていかなければならないので、ベトナム事務所を開設、スタッフの育成に努めているところです。

 ASEANでの生産は、ベトナム、インドネシア、カンボジア及びミャンマーです。今年度の輸入に占める比率は10数%になる見込みで、今後増えることが見込まれます。

 ■供給体制・国内生産
 国内生産は16年末までに加硫生産ラインを整備・増強し、今後は自社ブランドの新しい提案を拡大していきます。“MADE IN KURUME”の加硫商品「ファインヴァルカナイズ」はセレクトショップを中心に好評でネット情報も広がり、海外からの注文、問い合わせも多くなっています。また、キッズ機能商品「ムーンスター キャロット」と、直営店ゲンキ・キッズを中心に販売しているキッズ高機能差別化商品「ムーンスター」も、加硫ラインをラインナップし生産を広げています。

 インジェクション(INJ)製法では、PVC・INJで学販商品に加え、好評の「大人の上履き」などを生産。PU・INJでは「ジャガーシグマ」「ムーンスター イヴ」などを生産。ユース商品として新たに「CHIC INJECTION(シックインジェクショ)」を開発、「ファインヴァルカナイズ」とともに、セレクトショップなどで展開しています。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界