PAGE TOP

10月18日に、原材料・環境問題でパネルディスも

ゴム報知新聞・加藤事務所共催の日中ゴム産業フォーラムを開催

その他 2018-09-12

 中国ゴム工業協会は数年おきに「ゴム事情視察団」を日本に派遣しており、今年も10月17~25日の日程で来日します。ゴム報知新聞ではこの機会を捉え、本紙と加藤事務所が共催、中国ゴム工業協会の後援で「日中ゴム産業フォーラム」を10月18日(木)午後1時30分から、東京・元赤坂の東部ビル5階会議室で開催します。同フォーラムは、2014年11月、16年6月に続き今年で2回目となります。

 今回のテーマは「“ゴム強国”、中国が日本・世界に与える影響」。

 まず、加藤事務所の加藤進一社長が「なぜ今、日本が中国の原材料事情、環境規制、米中貿易摩擦に関心を持っているのか」の背景を解説。それに応える形で、中国側から「中国の再生ゴム・ゴム粉の現状」、「カーボンブラック、ゴム薬品の生産・稼働状況と背景にある環境規制問題」、「米中貿易摩擦のゆくえと中国ゴム産業に与える影響」などについて説明してもらう予定です。

 さらにフォーラム参加者と中国側とのパネルディスカッションなど、「日中ゴム産業意見交換会」の場を設けます。

 中国訪日団のメンバーにはタイヤ、ベルト、ホース、工業用品、自動車部品、原材料・副資材等の企業の董事長や総経理が来日します。中国ゴム企業トップから直接話が聞ける絶好の機会です。参加希望の方は下記まで。

 ■第3回日中ゴム産業フォーラムの概要
 日時=18年10月18日(木)13:30~17:00
 会場=東部ビル5F会議室(東京都港区元赤坂1-5-26)
 電話=03・3408・7201)▽参加費=6,480円/1人(税込)
 定員=50名(定員になり次第締切)

 ■申込み先
 ゴム報知新聞事業部(TEL03・3851・5391 馬場まで。E-mail:baba-ta@posty.co.jp)

 ■送金方法
 銀行振込=三菱UFJ銀行室町支店(普)
 口座番号=0161133
 口座名=(株)ポスティコーポレーション

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界