PAGE TOP

2ケタ以上の増益が目立つ

【2021年度ゴム企業業績調査】営業利益、89社中61社が増益

その他 2022-09-21

 ゴム報知新聞は2021年度全国ゴム関連企業(製造業:単体ベース)195社の業績を独自に調査した。この調査を元に、195社の①営業利益②売上高営業利益率③当期純利益④従業員一人当たり売上高を分析しランキングにまとめた。今号から連載で結果を紹介する。なお、姉妹紙のラバーインダストリーでも8~9月号で業績調査結果を掲載している。

営業利益上位100社

 ■営業利益
 1位のブリヂストンは1,039億5,400万円で前年度比59.0%増、2位の日本ゼオンは360億1,500万円で同35.3%増、3位のTOYO TIREは260億200万円で同28.2%増となり、4位横浜ゴム、5位NOKと続く。コロナ禍で落ち込んだ前年度からの回復で、2ケタ以上の増益となった企業が目立った。添付の表に掲載した89社(90社以降は損失)のうち、61社が前年度から増益(黒字転換を含む)となった。

 上位10社をみると、7位のオカモトを除き、全社が2ケタ以上の増益となった。一方で、営業利益が伸び悩んだ企業も依然として多く、89位のうち20社超が前年度から減益となった。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた