PAGE TOP

【今週の人言】

いい会社にするアプローチはいろいろ

その他 2018-08-10

 西部ゴム商組の岡浩史新理事長。7月27日開かれた夏季定例講演会であいさつに立ってひと言。

いい会社にするアプローチはいろいろ

 ○…理事長を交代するにあたって祖父江前理事長から「毎回、挨拶を考えるのが大変やぞ」と言われました。たしかに大変。そのためにいろいろ本も読まなければ、面白いネタは出てこない。で、この間読んだ「ユニクロ対ZARA」の話をします。

 ○…ともにアパレル業界の巨人であるこの2社は発祥からして違う。ユニクロが広島の小売りから出たのに対し、スペインのZARAは元々製造。ある時卸から急な注文のキャンセルを受け在庫が山積み。つぶれそうになり急ぎ換金する。それを転機に小売りを始める。

 ユニクロが定番商品、ZARAはファッションもの。片や作ったものを売り、片や売れるものを作る。両社は対極にある。

 私は理科系なので、ある図形モデルがあればいい会社になると考えがちのところがある。しかし、よい会社にするには色々なアプローチがある。自分の会社にも強み、とんがったところがないか考えているところです。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界