PAGE TOP

ゴム連合定期大会 第12期運動方針

ストレスチェック制度を活用し職場改善を推進

その他 2016-09-12

ゴム連合定期大会

ゴム連合定期大会


 ゴム連合は9月1―2日の2日間にわたり、第12期2016年定期大会を開催した。

 第12期の運動方針では、「雇用確保」「労使関係の充実」「産業対策」「安全衛生活動」「賃金と一時金」「労働時間」など雇用と生活を守る取り組みや、「産別機能の充実」「組織の安定・拡大」「教育情報宣伝活動」など組織機能の強化を取り組み課題としてあげている。

 とくに安全衛生活動では、類似災害の防止を目的とした休業災害速報と対策報告書の作成と提供を実施する。

 また心身の健康維持・促進のため、ストレスチェック制度を活用し、その結果に基づいた職場改善の取り組みを推進する。一方で、このストレスチェック制度がメンタル不全者の洗い出しにつながらないよう、本来の意義に即した活用がなされるよう組合が留意することを確認した。

 「産別機能の充実」では、女性役員の選出を推進していく。推進支援策として①女性が抱える課題の掘り起こしと解決に向けた女性研修会を開催する②新しい取り組みとして、女性専用相談窓口の開設による相談対応や各単組との連携を強化していく。

 今回は委員長の交代および役員改選があった。新役員体制は次の通り。

 中央執行委員長春日部美則(イノアック・専従)▽中央執行副委員長池田隆次(全東洋ゴム・非専従)▽同弓取正道(西川ゴム・非専従)▽書記長藤田直治(全東洋ゴム・専従)▽中央執行委員池田正一(西川ゴム・専従)▽同山田裕規(住友ゴム・専従)〈新任〉▽同小田島文義(ゴム連合本部・専従)▽同吉川亮(横浜ゴム・非専従)〈新任〉▽同曽山隆一(住友ゴム・非専従)▽同渡邉健太(ブリヂストン・非専従)▽同大林聡(バンドー化学・非専従)〈新任〉▽同松田祥宏(住友理工・非専従)〈同〉▽同杉浦栄治(イノアック・非専従)〈同〉▽会計監査川嶋千幸(日本ジャイアントタイヤ・非専従)〈同〉▽同坪井潤一(丸五ゴム工業・非専従)〈同〉

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界