PAGE TOP

バイオマス原料の調達拡大へ~

三井化学、Apeiron Bioenergyに出資

原材料 2022-08-31

 三井化学株式会社は、バイオマス化学品・プラスチックの原料となる廃食用油で東南アジア・中国地域最大級の集荷・販売会社であるApeiron AgroCommodities(ブランド名:Apeiron Bioenergy)に、6月に出資した。

 今回の出資により三井化学は、拡大するバイオマス化学品・プラスチックの需要に対応するため、バイオマス原料の調達拡大を図っていく。

 カーボンニュートラル社会の実現に向けて世界規模で石油由来からバイオマス由来への原燃料転換を推進する動きが加速しているが、バイオマス原料は需要の伸びに対して供給が限定的なため、今後ますます原料確保が重要になっていくと予想されている。

 主なバイオマス原料にはさまざまな種類があるが、廃食用油はもっともGHG削減貢献量の大きなバイオマス原料となっている。また、非可食である点から食糧問題と競合することもない。

 今回の出資により、三井化学にとってはバイオマス化学品・プラスチックの原料となるバイオマスナフサの安定調達に繋がるとともに、Apeiron Bioenergyにとっては安定的な新規需要先の確保に繋がり、カーボンニュートラルおよびサーキュラーエコノミーが両立したビジネスモデルでバイオマス化学品・プラスチックの市場拡大に貢献していく。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた